【報告】中部地区路面電車サミット
「路面電車を残す意味/なくす意味」

7月17日(土)の中部地区路面電車サミットでは、120人ほどのお客様をお迎えすることができました。万障を繰り合わせて中部各地からご参加いただいた皆さん、また市民の皆さん、本当にありがとうございました。

お昼の千手堂タイムでは60名ほどが100円分のクーポンを使って食事などをしてもらい、めいめいの路面電車感を、お店お店で披露していただけたことと思います。

当初、「存廃問題に決着がつかなければ開催は見送ろう」と、あえて存続を前提とした準備をしてきましたが、答えが延び延びになるなかで、方々の皆さんからもご参加の意思を示していただいていることから開催をさせていただきました。

そのサミットのなかで行われた討論の結果をまとめましたのでご報告いたします。

(1)存続反対派意見

  1. バス代替できるのではない
  2. 84億円の税金投入は大きすぎる
  3. 電車は(安全島がつくれないという)危ないという状態を改善できない社会風土
  4. 存続が決まってすぐに、安全島などが整備できるのか?
  5. 警笛がうるさい、こわい
  6. ブレーキ音がうるさい
  7. 鉄粉が飛ぶ
  8. ふだん利用しない、行き先がない
  9. 商店街に新たな費用負担があるのではという誤解がある、財界が反対

(2)存続賛成派意見

  1. バスでは時間がかかる【反対1の回答】
  2. 電車だと(路線も明確で)子供を安心して乗せられる。
  3. 自動車だけでは都市交通は支えられない→公共交通は必要!(竹内先生)
  4. 信頼される公共交通には専用レーンが必須で、路面電車は最適(竹内先生)
  5. 10年間で84億円、では市民は分からない(竹内先生)
  6. 道路、公共施設には何十億というお金を投入している→誰も反対しない。(岡さん)
  7. 鉄道は民間企業だから利益が必須というイメージつきすぎ(岡さん)
  8. 費用便益分析をすれば都市にとっての価値が分かる
  9. LRT(路面電車)とバスとの決定的な違い→輸送量の違い【反対1の回答】

(3)会場から

 ROBAの会・内田さん

 竹内先生(内田さんへの回答)

 ROBAの会・内田さん

 竹内先生

 吉田先生

 【反対8の回答】

(4)まとめ:残す意味、なくす意味

 竹内先生

 岡氏

 吉田先生

 竹内先生

(5)市民の声などについて

 森さん

 太田さん

 ホリ

 とよはし市電を愛する会・大辻さん

 ホリ

◆◆◆ ホリより ◆◆◆

最後の(5)に関して、翌々日に太田さんには「市内の全世帯に、意見チラシを配ってみんなの声を集めようと努力したが叶わなかった」と伝えました。市の姿勢や時点時点の情報が得られないまま私たちができることが限られているなか、カンパしあってつくった20万部の「路面電車のホント」と題したチラシは、半分もの10万部を配付できずじまいにせざるを得なかった状況があります。

じつに、市内在住者の太田さんは、その件をご存じなかったようで、岐阜市全戸への配付を想定した取り組みの半分が未実行となったことは、改めて悔やまれました。